鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

「女性が輝く社会」はまだまだ手ぬるい

※今回はおちゃらけて書いています。その分、ONIKUMAの怒りは大きいものと解釈してください


m.huffpost.com

企業の管理職登用を3割以上??手ぬるいと思います。

企業だけじゃなく、総理や官房長官、自民党総裁も女性に!

大臣はおろか、総理大臣や官房長官、自民党総裁も女性を(能力問わず)任命しましょう。きっと「女性が輝く」内閣になるはずです。

公務員も事務次官を始め、室長、課長など主要ポストも女性にしましょう。きっと「女性が輝く」行政になるはずです。

一部の党を除く政党や、官僚こそ、男社会の権化です。
まずはズバズバっと、女性枠を設けて最高の役職を優先的に与えましょう。

総理大臣、内閣官房長官は「女性専用」の方が良いと思います。

そもそも女性枠って

  • 80点取れた男性を、男性であるという理由だけで排除して
  • 80点未満しか取れなかった女性を、女性だからという理由だけで選ぶ

事を意味しますが、男社会を変革する為にはそれ位(の差別)は大した事ありません。

徴兵や青函トンネル工事などで生命を賭して先輩が築いてきた「男社会」「男尊女卑」の社会のツケは、老いも若きも男性全体が払います!若い男性は男性に生まれてきた自分を恨みましょう!

そして男性が払ったツケによる利益は、今まで「男社会」を経験してない若者含め女性皆んなで享受です!若い女性は女性に生まれてきた自分を幸運に思いましょう!

能力の差より、男社会の打開が優先です

能力主義よりもダイバーシティ*1です。能力によるヒエラルキーを構成するよりも、組織内の性別の多様性*2が重要なのです。

能力の無い(と日本が散々叩いている)隣国の大統領は女性ですが今も輝いてます。
まして、日本は能力よりも性別でリーダーを選んでもきっと上手くいきます。

「男性のように、リーダーになる為に自分を殺し長時間残業し、下衆な上司に我慢しコネクションを作り、血の滲むような訓練をして、休日も出勤して会社に尽くしてまで管理職になりたくない」?

「プライベートは満喫して、でも男性と同じだけの待遇は得たい!」?

そんな貴女に女性枠はうってつけです!

男だらけの会社に入ればあら不思議、(男性と比べて)あまり努力する事なく管理職になれますよ!

女性優遇企業でラクラク出世!

建設会社とか全然女性が居ないらしいです。

仮に男:女=9:1で、1,000人の企業があったとします。男性900人、女性100人ですね。

そして、管理職100人居たとします。この企業で管理職に於ける女性の割合を30%に持って行こうとすると

  • 男性=70人/900人=7.8%
  • 女性=30人/100人=33%

という男女で全く違う確率で管理職になれます!

男性は10人に1人も管理職になれませんが、女性は3人に1人が管理職になれるんです。

良かったですね!政治家様様だと思います。

完全実力主義なら、性差がないと仮定した場合、男女共に10%しか管理職になれなかったんですから。

  • 女性に10%のチャンスがない!男性と同等の10%のチャンスを与えるべきだ!!
  • 男性のチャンスは10%未満にしてでも、女性に30%のチャンスを与えるべきだ!!

っていうことですからね。

  • 学年で100人中33位以内に入る
  • 学年で100人中10位以内に入る

全然違いますよね。

サッカーだと

  • チリ・スペイン・オランダレベル
  • ポーランド・チュニジア・ハンガリーレベル

位違います。

今まで、「スペインやオランダを倒さないといけない」だったのが、「ポーランドやチュニジアを倒せばいい」に変わるんです。

もちろん、管理職になった後はスペインやオランダを倒したような男性との勝負になりますし、社外ではスペイン・オランダクラスの管理職を持つ競合企業がウヨウヨしてますが、それは別問題ですね!

だから、貴女がもし楽して管理職になりたいなら教育やブライダルなど、女性が多い所には行くべきじゃないですね。
「女性だから」という優遇戦略が使えません。女性優遇は男性が多くないと恩恵を受けれません。

ホント、(男性と正々堂々と勝負できる能力はないと自覚している)女性の皆様は政治家にもっと感謝した方がいいと思いますよ!

3K職種でも女性が輝く社会にしましょう!

しかし、自衛隊や消防、警察や工事員、警備員など、命を落とすような体を張る職種の最前線ではあまり「女性が輝いて」いないのはいただけません。

女性は危険な所でも、汚い所でも、キツイ所でも、どこでも輝いていなければなりません。
“人口減で足りなくなった労働力を女性にも担ってもらう”んでしょ?安倍さん。

公務員、政治家、企業の役員など、いわゆる「人気職種」や「高給職種」「ホワイトカラー」だけじゃなくて、危険・過酷・キツイ・寒い職種でも3割女性登用を義務付けて「女性に輝いて」もらいましょう。

え?そんなの女性の仕事じゃない??輝かない??
女性はキツくない、高給な、社会的地位の高い職種で輝くべきだ??

成る程、女性がやらないと代わりに誰かが輝かない仕事をやる事になるのですが、誰がやるんでしょうね。

「男性が輝かない社会」もお願いします

安倍さんにしてみれば、専業主婦は輝いてないみたいですね。

女性が(危険や過酷さの少ない人気職種の)企業や公共団体の管理職に就くことこそが、女性が輝く社会の要件らしいです。

その為に女性管理職が3割以上の企業に補助金(税金)を出そうとしてますね。

つまり「大量の女性が管理職に就くことが女性の輝く社会だ!」というわけですね。

それは「女性が専業主婦なんてやってるのは女性が輝いていない社会だ!」というメッセージですね。

その証拠に、専業主婦に補助金なんか増額してないですし、扶養控除も減る方向ですもんね。

一方で、「女性が輝く社会」とは、「男性が輝いてなくても良い社会」ですね。
男性の管理職者数が減ろうが、その為、男性の収入が減ろうが、女性を輝かせるんですもんね。

あ、いえ、頑張ってる女性は元々男性社会でも輝いているので、安倍さんのは違いましたね。
頑張ってる男性を差し置いて、(比較して)頑張ってない女性を輝かせるんですもんね。

だったら「輝いてない職種」である専業主婦を男性に対しても社会的に認めませんか??

  • 「女尊男卑位で丁度いい!」と言う人もいます
  • 女性が管理職になった数だけ、男性の管理職が減るんです(=男性の給与が減る)
  • 女性の給料が増えるんです。(男性の給料が減るんです。)

その理屈ならば、輝かない職業の「専業主婦」を男性に解放すればすごーく効率的じゃないですかね!?
3割の男性が「専業主夫」となる事を目指す。これを「輝いてない男性」という政策として打ち出しましょうよ。

どんどん「男性が輝かなくなる社会」にしましょう!男性を家庭に押し込みましょう!
そうすれば相対的に「女性が輝く社会」になりますから!いやでも「女性が輝かないといけない社会」になりますから!

政府は、全世帯あたりの専業主夫割合を3割にする事を地方自治体に義務付けませんか??
なんなら地方交付税交付金の要件にしましょう!

企業に出す「女性管理職比率3割以上に補助金」と同じように!金をばらまきましょう!

「女性が輝く社会」はホントまだまだ手ぬるいと思います。

*1:ただし、男が女社会へ交じるのはNGな方向で

*2:ただし、男が女社会へ交じるのはNGな方向で