読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

熱中を冷ます為の方法

なぜこのテーマを取り上げるか

世の中には「物事に熱中する方法!」の類の情報があふれています。

しかし逆に「物事への熱中を冷ます方法!」の類の情報はなかなかありません。「熱中 冷ます」とググっても、「熱中症の対処法!」しか出てきません(笑)

それほど、人は熱中しにくく、熱中する事を望むのかもしれませんが、ひとたび熱中すると、逆の情報があまりない為になかなか冷めません。

熱中とは、ある意味情報を遮断し視野を狭める事ですから、ただでさえ少ない情報をその狭い視野で自発的に見つけるのは大変な事です。

そしてこの性質を利用して自分の悪事に他人を加担させようと思う悪い人が社会にいっぱいいます。一部のネットワークビジネス*1や悪徳宗教がそうですね。

彼らはターゲットをまず何かに熱中させます。「儲かる」という事かもしれませんし、「大義を貫く事」かもしれませんし、果ては「リスクを取る自分自身の姿」かもしれません。

とにかく、まず何かに熱中させ、それに熱中する事に対して生じるリスクや失うものから目を背けさせるように誘導します。この場合、熱中したというよりかは「熱中させられた」と言った方が良いかもしれませんね。

だから、そういう悪い人が一定数居る以上は熱中する方法を学ぶ事と同様に、熱中した状態から冷ます方法も学ぶべきだと思うのです。

さらにそういった悪意から無縁の人生だとしても、熱中する事も逆に熱中状態から冷ます事も、どちらも「感情のコントロール」であり、それは人生にとって同様に重要な要素だと私は思うのです。

対義語でググれ

私を例にとります。

私は今、ウイニングイレブン2016(以下、ウイイレ)に熱中しています(笑)仕事中もそれを考えるようになってしまい、なかなか重症な状態です。

睡眠時間を犠牲にし、昨日は明け方4時までマスターリーグをプレイしていました。とってもおもしろいですね!!コナミさんには感謝です。


さて、こんな私の状態を冷ますにはどうすればよいか。

  1. なぜ熱中しているのか理由を考えます。ウイイレの場合は「おもしろい」「ゴール時の快感」「適度な難易度」ですかねー
  2. その理由の対義語を考えます。「つまらん」「不快感」「ムズすぎ」ですね。
  3. あとは、「熱中した対象物 + 理由の対義語」でググります。「ウイイレ つまらん」「ウイイレ 不快感」「ウイイレ ムズすぎ」ですね。
  4. ヒットしたサイトを10ページくらい見ます

これだけでほぼ熱中が冷めます。これをすると今ある私の「ウイイレ熱」も冷めてしまうので、絶対に実践しない様に細心の注意を払っている程です。

過去の経験で言うと、私はあるネットワークビジネスにはまりそうになりましたが、この方法で冷めました。

その時は

  1. ネットワークビジネスに熱中する理由=「新しい(と当時は思っていた)」「儲かる」「優れた商品・商材」
  2. その対義語=「旧い」「儲からない・大損」「クソ商品・商材」
  3. それらをググります。「○○(←社名) 旧い」「○○ 大損」「○○ クソ商品」
  4. ヒットしたサイトを10ページくらい見ます

これらをしただけ、1時間もかからなかったですが、熱中を冷ますのには効果はてき面でした(笑)

寝食惜しんで徹底的に短期間やってみる

一週間だけ徹底的にやってみてください。テレビゲームだと、平日は大体夜22時~明け方4時まで毎日やると良い感じです。

ポイントは「これ以上は続けるとまずいかな?」という限度を毎日越して、仕事や他の生活にかかわる部分に大きな影響を与える程やる事です。

つまり1週間、このようなスケジュールになります。
※テレビゲームを例にとります

・月曜日~木曜日:6時起床、20時帰宅、21時~翌4時ゲーム
・金曜日:6時起床、20時帰宅、21~翌9時ゲーム
・土曜日:15時起床、16時~翌10時ゲーム
・日曜日:22時起床、16時~翌6時ゲーム → 一睡もせずに会社

もう、その他の生活が荒れ放題荒れます。

まず思考力が大幅に低下し簡単な計算も困難になり、会社では常にウトウトで2分おきに意識が飛びそうになり、行き帰りの電車の中では立ったまま寝ます。

仕事は全くと言っていいほど出来ませんし、買い物も長時間できませんのでファストフードを頼る事になります。

しかし、この状況でも更に限界突破してテレビゲームに全てを捧げるのです。

まず、行き帰りの電車の中では攻略サイトを見ます。寝落ちしそうになったら、YOUTUBEでテレビゲームのBGMを聴いたり、攻略動画を見ます。

食事はもっぱらファストフードかコンビニ、あとは野菜ジュースのボトルを買い込みます。食べる時間を減らし、自由時間をなるべく捻出して全てをテレビゲームに充てる為です。野菜ジュースを飲みながらテレビゲームをします。口内炎が複数できるのですが、我慢します。

風呂は寝落ちしそうになるのでシャワーをサッと浴びる程度、しかも平日のみです。土日は風呂にも入りませんし着替えもしません。頭や脇がかゆくなるのですが、ボリボリかけばいいのです。


狂気の沙汰です。修羅になる為の修行かなんかですかね。


こんな状態で一週間過ごせば、さすがに「このままだとやばい!」という自己認識が心の奥底から醸成されます。

すると不思議とそんなにテレビゲームがしたくなくなります。

私は熱中して長期間はまるとまずい物に対しては、必ずこのようなアプローチをします。その結果、1週間以上熱中する事はまずありません。1週間後は意識せずとも、1日1時間とか実生活に影響ない範囲で楽しむようになります。

かなり冷めるんですね。

その結果、ダラダラ熱中して延々とそれに取り組んでいるよりも、トータル的には時間の短縮につながります。


注意点ですが、実生活に配慮した程度のやり方では効果は無いです。一日2~3時間使い、その副作用として仕事中にちょっと眠くなる程度では、下手をすると更なる熱中を呼び、その熱が長期化します。

必ず自分が考える限界を突破して取り組んで下さい。

「1週間連続」というのもポイントです。例えば水曜日に普通の生活を送ってしまうと、木曜日には身体が回復してしまいます。そうすると「このままだとやばい!」という自己意識が産まれません。なのでインターバルを設けて身体が回復することが無いように、連続するのがポイントです。

「つまんねー」を言霊にしてつぶやきまくる

一日中ずっと「○○(←熱中しているもの)つまんねー」とぶつぶつ言いまくってください。

「さいこー!さいこー!」と信者に大声で言わせるエセ宗教がありましたね。ああいうのをセルフアファメーションと言いますが、あれを逆の形で応用します。

実際に声に出して言うのがポイントです。自分だけに聞こえる声量で良いです。出来なければ心の中で唱えるだけでも良いですが、声に出した方が数倍効果的です。

そうすると、3日もしないうちに本当に「○○つまんねー」と思えるようになります。

本心では「○○超すげー!!COOL!」と思っていても良いです。「○○つまんねー」とぶつぶつ言いながら、心の中で「でも○○超すげー!」と思っていても良いです。ただ口で「○○つまんねー」と言ってそれが自分に聞こえれば良いんです。

さらにそれを上記の「1週間チャレンジ!」の最中に行えば、相乗効果が期待できます。

まとめ

  1. 熱中する理由の対義語でググって、表れたページを10個見る
  2. 寝食惜しんで徹底的に1週間やってみる
  3. 「つまんねー」を言霊にしてつぶやきまくる

【余談】熱中する(させる)には逆にすると良い

  1. 熱中する理由の対義語でググらない
  2. 実生活を壊さない程度で取り組む
  3. 「すげー!」を言霊にしてつぶやきまくる

「仕事」だとこうなりますね。

  1. 「仕事 つまらん」「仕事 クソ」でググらない
  2. ギリギリ生活には困らない程度の働き方をする(7時~21時位??)
  3. 「仕事大好き!」を言霊にしてつぶやきまくる

「仕事大好き!」とつぶやきまくる人の近くには、正直ちょっと怖くて行きたくないですけどね(笑)

*1:やっている事は悪くはないが、売る側が儲かる!という視点を全面に押し出し、顧客(=知り合い)の満足の為に!という視点が欠落しているので、ビジネスとしては悪である