読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

「男性問題」と「社会問題」

痴漢に始まる性犯罪を男性問題とする方法があります。

男性問題とは、問題の根源は男性にあるのだから、男性を矯正しよう、規制しようという事です。

具体的には

  1. 「男性の立入禁止区域を作る」などの権利規制系
  2. 「男性は混雑した列車内では手をあげるべきだ」などの義務系
  3. 「男性が女性に対して犯す性犯罪のみ刑が重い」などの厳罰系

があります。

これらはすべて、「性犯罪は男性問題」という視点から成り立ってます。

実際に性犯罪になると男性問題となる傾向がありますね。

これはつまり「性犯罪は男に多いんだから、男は我慢せーよ、気をつけーよ、反省せーよ」という事です。

ーーー

一方で性犯罪を「社会問題」として捉える方法もあります。

社会問題とは、「性犯罪は社会の問題だから、国民全員が公平に負担しましょう」という事です。

具体的には

  1. 「女性専用車には男性が乗れない一方、女学生は女性専用車以外に乗れない」という権利規制系
  2. 「男性は混雑した列車内では手を挙げるべきだとされる一方、女性は胸やモモが強調される煽情的な軽装を慎むべきだ」とする義務系
  3. 「痴漢行為を厳罰化する一方で、モモや胸の一部が露出する服装に公然わいせつ罪の適用」という厳罰系

があります。

これは「性犯罪は国民全員が取り組み解決すべき課題」とする視点からの考え方です。

「性犯罪は皆んなの問題だから、皆んなで我慢して、皆んなで反省しましょう」という事ですね。

実際には性犯罪は社会問題として全く取り組まれていません。

ーーー

「性犯罪件数を減らす!」を目的とした場合、それを男性問題として取り組むよりも、社会問題として取り組んだ方が実効性は遥かに高いです。


なぜか?


性犯罪を社会問題として捉えれば、女性にも相応の規制や義務が入ります。

すると、女性が性犯罪に会うような行動、つまり煽情的な服装をする頻度が減りますし、意識改革もされます。

そうなると一番困るのは性犯罪を犯す「痴れ者」です。

「痴れ者」にとって一番困るのは、性犯罪への危機意識が低く、露出度の高い服を着るなどのリスク高い行動を取る女性が減る事です。

しかし現実には性犯罪を男性問題としてますので、「痴れ者」にとっての獲物が一向に減りません。

わたしは性犯罪を、なぜ社会問題として扱わないのか不思議でなりません。

ーーー

では性犯罪を減らすため、ますます男性問題として深化させて、男性の権利規制・義務強化・厳罰化をより進めてはどうでしょう。

確かに性犯罪の件数は減るでしょう。しかし、これには大きな問題があります。

「痴れ者」以外の男性への負担増になるという問題です。

「痴れ者」は確かにほとんど男性ですが、男性の99%は一生涯「痴れ者」にはなりません。

ほとんどの男性にとって、「痴れ者」と自分は全く思考回路も違う、赤の他人なのです。

「殴ってやりたいと思うだけの人」と「ホントに殴っちゃう人」くらい違います。

なのにたった1%の赤の他人が犯した罪を、「同じ性であった」という理由だけで不利益を受けなければならないのは不公平以外何物でもありません。

例えば殺人鬼に「田中」という姓が多く、他の姓の10倍も居た場合

「田中」さんだけ「刃物の所持を禁止する」のは合理的でしょうか。

確かに「田中」さんによる殺人事件は減るかもしれませんが、「田中」さんにとっても「万々歳!」と言えるでしょうか?

これは田中さんに多い犯罪を「田中問題」として処理する発想ですが、実際にはそんな事は出来ませんし、してはいけません。

例え「田中」さんが犯罪しがちだとしても、何の罪も犯してない99%の「田中」さんに制裁を加える事は出来ないからです。

不利益承知で「田中」になった訳でもなく、姓を変える事も難しい「田中」さんが

たまたま「田中」に殺人鬼がいっぱい居ただけで、社会から制裁を受けたらどんな気持ちになるでしょう。

同様な理屈で犯罪者に「韓国人」の割合が多くても、「黒人」の割合が多くても、「イスラム教徒」の割合が多くても、それらを「韓国人問題」や「黒人問題」や「イスラム問題」には出来ません。

他人の犯した罪で自分に法的な制裁が加わること(連座制、連帯責任)は、まともな国ならまずあり得ないからです。

もう分かると思いますが、「性別」も同じです。

むしろ「田中」などの姓、「韓国」などの国籍、「イスラム教」などの宗教よりも、「性別」を変える事のが難しいのですから、なおさら慎重にならないといけません。

ーーー

現実にはなぜか性犯罪を「男性問題」にする事に疑問を持たない方が多いです。

「男性問題」とするよりも、「社会問題」として性犯罪に対処した方が、性犯罪の数は減ります。*1

「男性問題」として性犯罪に対処する事は、無辜の男性に不公平な負担(性差別)を強います。

「女性の社会進出」という問題を「女性問題」とせず、社会問題として取り扱ったように(これは方向としては正しいです)、性犯罪も社会問題として取り扱うべきだと思うのです。

*1:女性の権利規制・義務強化を意味しますが。。。これが嫌で進まないんでしょうか??