鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

アイデアが無い?それならエクセル先生に出してもらおう!

「言葉遊び」って知ってます?

  1. Aさん,Bさん,Cさんの三人が
  2. Aさんが「名詞」,Bさんが「形容詞/形容動詞/副詞」,Cさんが「動詞」を1つ考えて*1
  3. それらを紙に書いて伏せ
  4. それを、「いっせーの」で開示する

これ、結構面白いです。

Bさん「遅い」
Aさん「ロナウジーニョ」(←サッカー選手)が
Cさん「こけた」

とか

Aさん「不動産屋さん」を
Bさん「大量に」
Cさん「生成した」

とか、独りで考えると中々思いつかない文章が出てくるんです。


さて、アイデアっていうのはこの「言葉遊び」に似ています。既存の概念や物を組み合わせ、誰もまだ思いついていないモノを新たに生み出す事がアイデアだとすると、まさにこの「言葉遊び」と同じです。

Aさん「不動産屋さん」を
Bさん「大量に」
Cさん「生成した」

という言葉遊びから、「不動産業者をとにかく量産してみた国はあるか?」とか「不動産需要が爆発的に増える条件」など、不動産業者でない私なんかが独りで考えた時は絶対に思いつかないようなアイデアがボンボン産まれてきます。

実際には「不動産」などの特定の単語に対して、「丸くする」「早くする」「遅くする」「逆にする」など、様々な言葉を当てはめて連想していくというビジネスツールもあります。

なので、「言葉遊びをずーーーっとやってれば、面白いアイデア出まくるんじゃないかな?」と思っていたんです。

が、これが結構むずかしくて、

  1. 「言葉遊び」は最低二人用意しないといけないし、
  2. 「一人でやる」なら500枚くらいカードを作って無作為抽出するんだけど、それ作るの面倒だし
  3. それを並べる場所も取るし
  4. それを無作為にってのが結構大変で、人間だと「妙な勘(第六感?)」が働き、常識的なカードをチョイスしちゃうかも


だから、今まで実現できずにずーーーっと悩んでいました。


ところが今日、仕事でエクセルのマクロを組んでいた所、偶然「RND関数」を見つけました。「RND関数」とは、簡単に言えばエクセル先生が数字を無作為に選んでくれるという事です。


「これだ!!」と思いましたね。


これを応用すれば予め設定した言葉をエクセル先生が適当に選んでくれるのではないかと思ったのです。私のもくろみは見事に当たりました。そして、いろいろ応用していくうちに、30分位でアイデア発生装置.xlsmが完成しました。

Dropbox - アイデア発生装置.rar


ちなみに30分位でダウンロード先のマクロを自分で組めます。
私を採用したい人はコメント欄からコンタクトください(笑)コメントは承認前非公開なので、その旨のコメントは公開しませんから(←割りとマジ!)

アイデア発生装置.xlsmの機能

以下の画面の「Combine!」(←結びつける)というボタンを押すと、別のシートに格納されている名詞や動詞が、エクセル先生によって無作為に選ばれます。

f:id:onikuma:20160523220935j:plain

画面では

  • 「あかい」=形容詞
  • 「か」=名詞
  • 「わかれる」=動詞

となっていますね。「赤い蚊が別れる」ってあんまりピンと来ませんので例としては良くないですね・・・。意味の薄い単語が出てきても押すたびにそれらが変わるので、どんどん押してきます。

複数回押すと自分の興味ある単語や関心のある単語が選ばれたりしますので、その単語らから連想される物をメモしていきます。

たとえば

  • 「ろうどう」
  • 「ひこうき」
  • 「もとめる」

という3語から何を思い浮かべるでしょうか??

私は以下の物を思い浮かべました。

  • 飛行機通勤の時代はやってくるのか?飛行機通勤者はどれ位居るのか?
  • 旅行の為の飛行機内サービスと、仕事の為のそれとでは求められてるモノは違うよね?
  • フライトアテンダントの労働紛争内容がすさまじい生々しさ!
  • ↑から、労働紛争の案件を見ればホントはどんな業界なのか分かる件

です。

連想ですので、この3つに囚われる必要はないです。この3つの言葉を契機にして自由に思考を拡げていきます。

このように、無作為に選ばれた単語らを繋げてみて、新たなテーマを作ってみます。そうするとすごーく面白いです。

これってクリエイティビティ?!

ONIKUMAが作ったメモ

軽く1時間程度いじくってみました。すると出るわ出るわ!アイデアの数々。昔からずっとやりたくて、モンモンとしていた作業だけに、メチャ楽しいです。

目的は「ビジネスアイデア」でも「深い悲しみから抜け出す事」でも何でも良いです。その目的に沿った連想をしてみてください。

以下は「ブログで書くネタ」を念頭に、出てきた単語から「ブログタイトル」を連想してみました。何か読みたい物ありますか?(笑)

  • 気分が暗くなる事必至!絶対に行きたくない集会特集!
  • 審査条件が厳しすぎて対象者が居ないと思われる表彰制度
  • 「上手い」「軽い」業務は積極的に捨てよ
  • リーダーは「我々には大きな明日がある事」をアツく語れ!
  • 求める評価が「一部に絶大」か「大勢にそこそこ」かで全然違う件について
  • 料理画像から、カッコいいロゴを作ってみた

お気づきだと思いますが、結構内容がバラバラです。普段、自分が選択しないジャンルの言葉が平気で出てきますので、連想結果もバラバラになります。

これはブログや発想がマンネリ化している状況において、非常に有効打になる事を意味しています。自分の脳内の新たな境地を開拓している感じです。

流行りの言葉を追加していく

エクセル先生が選ぶ言葉は増やす事が出来ます。sheet「名詞」「形容詞」などのリストに単語とナンバーを加えるだけです。

全てひらがなで記入すると、ダブりの検出が容易になりますので、漢字ではなくひらがなで記入すると良いでしょう。

加える言葉は何でも良いですが、ブログネタやビジネスアイデアであれば、是非流行の言葉を入れていきましょう。

これとかこれとかでトップニュースを見ます。そのニュースの記事で一番目に付いた部分から「名詞」「形容詞」「動詞」を抜き出して、エクセルシートに追記していきます。

そのように登録していくと

  • 「すたっぷさいぼう」(←これをトップニュースから登録した)
  • 「べんきょう」
  • 「とまる」

など言葉がチョイスされるので、ここから「小保方氏の騒動の後、STAP細胞の研究は進んでるのか?」という連想が産まれ、時事に即した「ビジネスアイデア」「ブログネタ」が産まれます。

時事に強いネタを作る為には流行りの言葉をふんだんに入れるといいですね。


---


以上です。では早速エクセル先生と「言葉遊び」を続けたいと思います。次回からブログのタイトルがエクセル先生によりチョイスされるかもしれません。

*1:単語ではなく、形容詞を含む句を書くともっと楽しいです