読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

女性専用車両を使わない理由は?

女性が輝く社会

※私は痴漢対策には大賛成ですが、女性専用車導入には大反対です

私が通勤電車を利用していて不思議に思うことがあります。

タイトルの通りですが、なぜ女性は積極的に女性専用車両(という名前の誰でも乗れる一般車両)に乗ろうとしないのでしょうか??

男性は女性専用車の何に協力しているのか

男性は喜んで、喜々として通勤電車の一車両を空け、その車両を女性専用車として運用させることに協力しているわけではありません。

スッカスカの女性専用車両運行の為に、より混雑する他の車両に喜んで乗り込むマゾっぷり全開な男性は誰も居ません。(痴漢を除いて)

いやいやながらも、痴漢被害にあう女性が一人でも減ったら!という思いやりから、善意から協力しています。

つまり女性専用車が出来る事によって以下の様な女性が増えれば幸いだと思って、嫌々ながらも自分たちの権利の制限を受け入れているのです。

  1. 昨日電車で痴漢をされた。家を出るのも難しいくらい凹む、落ち込む
  2. ホームに着いた。男がウジャウジャ居る
  3. また痴漢されるかも。恐怖で震える
  4. 女性専用車があった!これで少なくとも電車内で痴漢にあうことはない!
  5. 良かった!乗ろう!

こういう光景を期待しているからこそ、協力しているわけです。

しかし、現実には女性専用車にはまだ乗れるスペースはあるのに、そこに乗っていない若い女性がウジャウジャいます。どゆこと、これ??

なぜ、女性専用車に乗らないの?

永遠の謎です。なぜ、女性専用車に若い女性が乗らないの?女性専用車空いてますけどー

http://girlschannel.net/show_image/117296/71/0/

現実にも、写真にも、空いてる女性専用車(例えば1号車)に乗らず、わざわざ混んでる隣の車両(例えば2号車)に乗り込む若い女性も居ます。

どういう事ですかね、これ??

こんな事言うと大変波紋を呼んでしまうのでしょうけど、痴漢されたいんですか??

そんな女性は一人も居ないはずです。しかし女性専用車に乗れば、痴漢にはほとんど遭わないんですよ?なのになぜ女性専用車に乗らないの??

ほんとーに不思議。

ちなみに、それにズバリ答えてくれているQ&Aもあります。が、これもほんとーに理解出来ません。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

痴漢の怖さ < 女性専用車の怖さ?

上のQ&Aは色んな意味で非常に良い回答なので、「女性の皆さんが女性専用車両を使いたくないことはありますでしょうか?その理由は何でしょうか?」という質問に対するベストアンサーを全文引用します。

自分は混んでいる時ものりません。
女性ですが、女性車両が嫌いですし、他の女性が乗るのは関係ないですが自分はのりません。化粧臭いし、香水の臭いも強いと聞きました。(のった事ないから知らないけど)
私だけではなく、友人ものりません。

結構、電車通勤、通学してきましたが今まで痴漢にあった事もないし、これからもあうとは思いません
残念ながら痴漢にあうほど美人ではありませんw
それに、女性車両だけを作るのは可笑しいです。
男性車両も作った方がいいのではないですか?最近、痴漢の冤罪が増えていますね。
自分は男性じゃないんですけど、男性の方が可哀想に思えます。
ちなみに女性だけが電車で不愉快な思いをすると考えるのは間違っています。男性だって痴漢にあう人はいるし男性という理由だけで、他の人に痴漢にあったなんて言えません。車椅子で大変な人もいます。年寄りの人だっています。
年寄り車両とか障害者車両はないのに、女性車両だけはある。自分には理解できません。
女性車両はすいていますが、他の男性が混みこみの車両で汗を流しているのに女性の自分は女性車両。
自分は、ちょっとそういった事ができないんです。
それに女性車両にのったからって他の被害にあわれないとは限りませんよ。スリにあうかもしれないし、混んでいる時なんか怪我をする恐れがあります。(私は、混んでいる時、女性に蹴られた事がありました)
外出している以上、どんな危険が外で待ち受けているかわかりません。運が悪かったら基地外に殺されるかもしれない時代です。
痴漢より、私はそっちの方が怖いですね。
自分は、いつも普通車両にのっていますが、スリとか怪しい人は警戒しているつもりです。こんな事は当たり前です。どの車両とか関係ないでしょう?
なので私は女性車両にはのりません。男性と一緒の立場で、同じ場で自分の身は自分で守ります。
女性車両にのりたい人はのればいいし、もちろん批判はしませんが、私は絶対、のりません。

※赤字は著者注

要するに、女性専用車に敢えて乗らない理由は「嫌だから」って言うことでしょうか??

痴漢にあう恐ろしさ、恐怖って「嫌だから」という理由に負けるってことですか??

そうだとしたら、男性にとってみればひどい話です。

私達男性は痴漢などの「性犯罪は極悪罪である」かのような教育を受けています。*1
男性が性犯罪の被害者になる可能性は比較的少ないので、性犯罪の被害者になった女性の気持ちは分かりません。

そこは想像するしかありません。「きっと、ご飯が喉も通らない位、凹むのではないか」「一生のトラウマとして引きずるほど精神的ショックを受けるのではないか」と。

だから女性から「お願い!女性専用車を作って!」と言われれば、普通の男性は「可哀想に・・・仕方ないよね。良いよ、作ろう」と言うと思います。だから私のように女性専用車に反対している人はまだ少数派なのです。

男性の脳みそ:痴漢被害の怖さ >>>> 香水の臭い・女性同士の陰険さ

でも現実には女性専用車が空いているにもかかわらず、それに乗らない若い女性がたくさんいる。それってつまり・・・

女性の脳みそ:痴漢被害の怖さ < 香水の臭い・女性同士の陰険さ

ってことですか??

もちろん、女性専用車に乗り続けている女性は、男性の脳みそと同じく、痴漢被害は相当怖いものと思ってそれに乗り続けているのでしょう。

分からないのは、敢えて女性専用車に乗り込もうとしない若い女性の考え方です。電車内での痴漢ではそんなに凹まないっていうこと?

「極悪な性犯罪」からほぼフリーになるんですよ?香水の臭い位は耐えられません??

私がいじめられっ子だった時に、「1日いじめっ子に会わない券」を貰えるのであれば、香水とか、いじめられっ子同士の陰険さとか、毎日1時間でも全然我慢できると思いますが・・・。

男性の善意を忘れないでね

私は女性専用車は大反対ですが、それは現状の女性専用車の運用方法では「痴漢被害は減らない」からです。

だって、女性専用車以外にターゲットの女性がいっぱい乗っていますもん。

ターゲットが今までどおり痴漢の前に立っていれば、それは痴漢被害は減りません。当たり前です。だから、ターゲットと痴漢を遠ざけるようにする必要がありますが、それが女性専用車の役割ではないですか。

でも実際は女性専用車に乗ろうとしない女性がたくさんいるとしたら、私達男性は何のために女性専用車に協力をしているのか、何のために1車両使えなくなる*2状況に甘んじているのか、わからなくなります。

男性は協力する意志があろうとなかろうと、実質的に1車両使えなくなるという不利益を強制されています。

女性も同じように痴漢被害を減らすための協力をしてください。痴漢は男性だけの問題ではなく社会問題です。*3だから老いも若きも女性も男性も全員で痴漢被害を減らす努力をするべきではないですか??

それなのに「嫌だから」という理由で女性専用車を利用しない若い女性(や「空いてて快適だから」という理由で利用する40代以上の女性)がどれほど男性の善意をないがしろにしているか、ガッカリさせているか理解して欲しいと思います。

つまり

  • 若い女性は積極的に女性専用車を利用する*4
  • 30歳超えた女性は女性専用車を利用を控え、10~20代の女性に譲る
  • 若い女性が女性専用車内を利用しやすいように、女性同士で殊更エチケット・マナーを徹底する

くらいはやってほしいと思います。

もう一度言いますが、男性は半ば強制的に女性専用車に協力させられているんです。それは社会問題だから仕方ないです。ならば女性も協力してください*5

*1:パワハラと性犯罪を同時に犯した橋本聖子議員は議員辞職をしてないので極悪罪ではないようですね

*2:厳密には女性専用車に男性も乗れるが、極めて乗りにくくなる

*3:売春も女性問題ではなく社会問題でしょ??

*4:若いってだけで痴漢に狙われる場合があります

*5:再度言うが、痴漢は男性の問題ではなく社会問題なので、男性だけ我慢しろ!は強弁。それが通用するなら、女性が引き起こす売春問題は女性だけに責任を押し付け、男性は知らんぷりがまかり通ることになる