読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

ONIKUMAの叫び 〜チャレンジしちゃろうじゃないか〜

さて皆さんこんにちは。
久々の連チャン更新で自分でも驚いています。



前回は「ぜんぜんチャレンジしていない企業がチャレンジ学生を求めるのはナンセンス」というトピックで伝えました。当然「じゃあお前はチャレンジしてんのかよ」という突っ込みがあろうかと思いますので、今回は私のチャレンジをちょっと書きます。


実は会社辞めました(爆)


■チャレンジしないまま学生にチャレンジしろと言う矛盾
説明会や面接、面談や就職指導などで私も頻繁に「本当にやりたい事を追求しなよ!」とか「君の人生なんだから真剣に悩みなさい」とか偉そうな事言ってました。でもねぇ、「お前はどうなんだよwww」っていう声がずっと頭の中で響いてたんですよ(笑)


本当に自分の人生を考えて、考えて、そして今の自分があるんだろうか。それとも自分の人生を本気で考えることなく、流されるままに日々をすごしていないか。その思いが常に頭の中にめぐっていました。


なのでとりあえず会社辞めちゃいました(笑)


「少なくともこの会社でこのままの状態でいる事がやりたい事じゃない」

それだけは分かってましたので。年行ってるので、そーーーとーーー周りからやぁやぁ言われたけど、自分の人生はすべて自分で決め、その為に起こったどんな後悔や葛藤、逆境もきっと自分のプラスになると思います。


ちなみに職や会社自体にはまttttttttttttったく不満はなかったです。待遇も良かったし、人間関係にも文句はなかったです。すき放題やらせてくれてましたんで(笑)
※求職者のひと、こんな贅沢な自分をゴメンナサイ


■英語さえ十分に出来れば、仕事を転々と出来る
会社辞めると次に考えたのは「じゃあ何がしたいのか」という事。最終的な目的は「世界中で食っちゃ寝出来るスーパーマンになる事と決めました。素敵じゃない??世界中で食っちゃ寝。フーテンの寅さんの世界バージョンみたいなww


世界中で食っちゃ寝する為に絶対必要なのはお金です。そのお金を世界中で稼げるようになるためには少なくとも英語を話せる事が第一条件になります。英語さえ十分に出来れば、日本以外に求職の道は広がるし、知識(生活の糧)の幅も大幅に豊かになります。


なので、とりあえず海外に留学に行こうと決めました。場所は実はどこでも良かったんですけど、サクセスストーリーをなぞる方がストレスが少ないので、海外ニートさんと同じ道を歩んで英語スキルを身につけようと考えました。楽しそうだし(笑)


そんな軽い気持ちで重大な決断をしていいのか??とよく反発されましたが、私から言わせれば、拙くても重大な決断を今せず、気付いた時にはジジババアの方が余程リスキーです。


■一番怖いのはチャレンジ出来ない事
一番怖いのは「気付いた時にはチャレンジしたりチェンジしたりする機会が無くなってる」事だと思います。ジジーババアになれば、体が変化や挑戦を受け付けなくなるし、病院や家族もまた許さないでしょう。そんなときに「変化したい!挑戦したい!」なんて思ったところで、ドラえもん位しかその願いを叶えてくれません。別にチャレンジが失敗しようが、トライしたけどチェンジ出来なかろうが、それはあまり問題ではないと考えます。


変化や挑戦を受け入れてくれる今が絶好の機会なのです。基本的には年とともにどんどん機会が減っていくと考えた方がいいでしょう。そう、(数少ない読者の内で)この記事をご覧になっているあなた!あなたのチャンスも1秒1秒と減っていってます!

              • -

まぁ今回も適切な結論はないけど、みんなもトライしてみたら?というお話でした。次回から引き続き就職活動について突っ込みを入れて行きます。