読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼人事クマさんのブログ

御社の社畜を探します!採ります!育てます!

オニクマ雑記 尖閣諸島ビデオ流出

皆さんこんばんは!!


今回は採用とは離れて、ニュースの分析から。
まずはこちらのニュース


MSN産経ニュース

自民党石破茂政調会長は5日の記者会見で、党内で中国漁船衝突事件とみられる映像の
ネット流出元は「政権中枢」との説が出ていることを明らかにした。

 石破氏は、流出映像のハンドルネームが「sengoku38」だったことに
「『38』とは『左派』ですか…」と独自の解釈を示した。

 その上で「今日の会議の中で、こんなことをおっしゃる方がいた」として
「国民はみんな見たいと言っているし、中国が明らかに悪いということを、世界に知らしめねばならない
国民や野党の声にいつまでもあらがうこともできないが、今さら出すというのではつじつまも合わない。
じゃあ出しちゃえ、と故意に政府の中でやったのではないか」と述べた。

 この解説に、石破氏は「いくら何でもそれは考えすぎではないか」と否定的な見方を示したが
一方で「今の政権は何が起こるか予測不能の政権だから」とも指摘した。


わたしもこれは絶対に政府が「意図的に」流出させたと思っています。
なぜそんな事を言えるのか?


理由は“外交政策”、もしくは、“目くらまし”です。
“目くらまし”についてはここに譲り、外交政策として行ったとして考察します。



■現状の対中政策

今の民主党は中国に対して
強い外交カードを持っていません。

(むしろ弱いカードしかない)


外交カードとして軍事力がありますが自衛隊を動かすことは
東南アジア全体に激震を走らせることになりますので不可能です。
※中国はガンガン使ってきます


経済カードでも、中国とは共存こそすれ
(今の所)反目はできません。
※中国はガンガン使ってきます


資源カードは圧倒的に中国有利です。
石炭、鉄、石油、レアメタル・・・etc
※中国はガンガン使ってきます


日本のお家芸の技術カード、特許カードですが最近はお隣韓国の
後塵を拝している状況なのであまり威力はないと思ったほうがいいです。


今有効に使えるのは富裕層カードくらいじゃないですかね??


日本の老人は大金溜め込んでるのでそれを中国に
吐き出させない方針を採られると中国も困りそうです。


つまり、中国に対しては非常に弱気の外交にならざるを得ないわけです。



尖閣諸島問題で窮地なのは中国

実は映像が流出する前から中国にとって尖閣諸島問題は「頭痛のタネ」です。


実際アメリカをはじめとする、各国のメディアが中国の対応に不信感を抱きつつありました。
※なぜか日本のメディアはそれを伝えませんが


「あの国をパートナーにするのはやばくね?w」


各国が尖閣諸島の問題を機にそう考えるようになってしまいました。


中国は他国からの資本を積極的に受け入れ、驚くほどの経済成長をしてきました。


つまり外資流入は今までも、そしてこれから少なくとも
数年間の経済成長には欠かせない要素なのです。
※どこの国も同じかもだけどw


経済的な外資流入を促進するためには日本がかつてそうであったように
「安定した」「大人の政府」が必要になります。


「大人の政府」とは最低限の道義に反しない、法律を守る国家のことです。


例えば国の重要な経済政策をある日突然、独裁で決定するような
国家には外資は流入しません。


また、役人が外資を不当に搾取するような国家も援助以外の
資本が投下されるような事はないです。
※アフリカが発展しない理由はこれ


そしてクーデターがない「安定した」国家である事もまた重要です。
※軍事政権でも「大人」で「安定」してれば良いです


今回、中国は国際法を無視するという見事な対応を取り
やっぱり「大人の政府」でないことを世界各国に示しました。


結果的に各国より強力なバッシングを受け
あわてて態度を(やや)軟化させるに転じましたが


「ほ、ほら、各国の評判を聞いて、態度を
軟化させたでしょ?!少しは大人になったんだよ(汗)」


という苦しいアピールをかろうじて示せたに過ぎません。


まさに中国にとっては予想外のアキレス腱が日本との間にできてしまいました。


■新たな外交カードとして

日本には対中の外交カードがありません。
表立って中国に批判すらできない状況です。


ですから、「裏側で」中国を批判できるカードを今回使ってみたわけです。


このカードのメリットは何と言っても中国が表立って日本に制裁できない事です。
※在日の中国勢力も同様


表向きはあくまで“公開したくなかった”という代物ですから
中国の対応を非難する意図はないわけです。


例えて言えば


セブンイレブンであなたが万引きをしました。
その映像がネットに流れてしまったとします。


しかし店側は「映像は盗まれて誰かが流したんですよ」と
主張したとします。


こうなると店側に「情報管理不足」の罪は問えても
あなたに対する「人権侵害」や「名誉毀損」は問えません。


なぜなら“傷つけようとして公開する意思はなかった”からです。
罪は“管理を適切に行わなかった”だけです。


翻って日本政府はこの“万引き映像”を
“公開したくなかった”と主張しています。


“中国政府を非難する意思はなかった”んです。


恐らく中国政府は今頃この日本政府のカードに
戦々恐々としているはずです。


「国際世論に“裏側から”訴える」


弱腰外交しか選択肢を持たない日本に
唯一にして、きわめて有効な手段です。



日本は外交力不足??


いやいやどうして、今回はなかなかシタタカデス。


皆さんも表立って相手にモノを言えない時はこう呟きましょう。
「インターネットに事実をばらまきますよ?」



■デモを起こすのは愚の骨頂

さて、対中にデモを起こす方々が居ると思いますが
よく考えてから行動を起こしましょう。


日本政府はデモを起こそうとしてあの映像を意図的に流しています。
※でなければ大々的にNHKが取り上げるもんか


また、デモを起こすべく、SNSやネットであからさまな操作を行っています。


私は政府に踊らされるほど愚かな人間にはなりたくはないのですが
同じ日本人として政府に踊らされる行動をする日本人を減らしたいとは思います。


だって・・・ねぇ・・・


嫌韓中な方々がお嫌いなあの国の国民はみんな政府に踊らされているでしょ??


本当に嫌いだったら、同じになっちゃダメなんじゃないの??



そんな事を思った今日このごろです。
それでは!今から走ってきます!!